おさかなせいざ

プログラミングメモや日記がわりに

謀ったな NVIDIA !!!

やられた

お昼前のことです。Arch linuxX11が起動しても一瞬で止まり、画面が動かず、うんともすんとも言わなくなりました。

何があった?

最初は理由がわかりませんでした。テスト期間なので、あまり触れなかったPCを朝久しぶりに触ることにワクワクして起動しました。それから、pacman -Syu をして、サイトを見て回って、yaourt で unity-editor をインストールしようとして、 /tmpの容量が足りず試行錯誤をして、あと細々何かやっていたと思います。その後再起動してみると、X11が起動してもすぐ画面が固まってしまうことに気が付きました。

変更したファイルの変更部分をすべて元に戻してみました。やはりうんともすんとも言いません。困った。他に理由というとアップデートでしょうか。 最近そんな大きな変更あったのかと log を見ると、 nvidia パッケージがアップデートされていたことに気が付きます。更新日時もテスト前日でPCに触っていなかった期間と綺麗にかぶります。今回の問題は画面関係のことです。

間違いない、これだ。

どうしよう

X11が動かなくなる問題の nvidia 関係のバージョンは 378.13 。テスト前容量を食ってるなぁと、よく考えずにキャッシュの削除をした気がしていたので、前のバージョンが残っているのか不安でした。

$ ls /var/cache/pacman/pkg/ | grep nvidia
lib32-nvidia-cg-toolkit-3.1-5-x86_64.pkg.tar.xz
lib32-nvidia-libgl-375.26-2-x86_64.pkg.tar.xz
lib32-nvidia-libgl-378.13-1-x86_64.pkg.tar.xz
lib32-nvidia-utils-375.26-2-x86_64.pkg.tar.xz
lib32-nvidia-utils-378.13-1-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-375.26-1-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-375.26-6-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-378.13-1-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-cg-toolkit-3.1-4-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-libgl-375.26-2-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-libgl-378.13-1-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-lts-375.26-3-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-lts-378.13-1-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-settings-375.26-1-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-settings-378.13-1-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-utils-375.26-2-x86_64.pkg.tar.xz
nvidia-utils-378.13-1-x86_64.pkg.tar.xz

よかった。一個前の375.26が残ってる。あとは戻すだけです。

$ pacman -U nvidia-lts-375.26-3-x86_64.pkg.tar.xz nvidia-settings-375.26-1-x86_64.pkg.tar.xz nvidia-utils-375.26-2-x86_64.pkg.tar.xz nvidia-375.26-6-x86_64.pkg.tar.xz lib32-nvidia-utils-375.26-2-x86_64.pkg.tar.xz

無事起動して、この記事を書いています。 libgl は別のパッケージで使っているのかなんなのか、coflict となりダウングレードできなかったので除きました。

終わり終わり

実はアップデートで動かなくなったのは初めてで、ダウングレードも初めてでした。今まで遭遇したことがなかったのは運が良かったんですね。

悪いのは NVIDIA でも Arch でもない。弱い私だったのだ。